16時間目:カチ盛り

諸君!また会えたのう。
そろそろスロットの基本的なことはマスターしてきたかな?
本日も張り切って講義を進めていくのでしっかりついて来るんじゃぞ。

え〜。今回の講義ではカチ盛りについて説明していく。

カチ盛りとは、ドル箱にメダルを縦に詰めていってドル箱を扇形にてんこ盛りすることじゃ。
一般的にドル箱は平積みで1500枚程度メダルを入れることができるが、カチ盛りをすると3000枚くらい詰め込むことができる。
メダルを縦に差し込んでいくので、隙間なくメダルをドル箱に入れれるわけじゃ。それどころかメダルとメダルの間にメダルを挟んでいくためドル箱の高さを越えて積み上げることができる。
木の葉積みと言ったりもするぞ。

では、カチ盛りすることに何かメリットはあるのじゃろうか?

はっきり言って何もない。得られるものは自己満足だけじゃ。
景気よくメダルが増え続けておるうちはいいが、下皿が空になったらせっかくきれいにカチ盛ったメダルを下皿に補給せねばならん。あの時の客の寂しそうな顔といったら恋人にふられたみたいじゃ。
笑っちゃいかんと思うが、思わず吹き出しそうになる。
おまけにカッチカチにしてるもんじゃからメダルを引っ張り出す時に爪を割ったりしてるのう。

まあ、カチ盛りは個人の趣味じゃからそっとしておこうと思うが、なかには高設定台を打ってる者までカチ盛りをしておる。
これは損するだけじゃからやめた方がいいぞ。

高設定台は、閉店までブン回すのがセオリーじゃ。
ちぃたら打ってると引けるはずのボーナスを引くことができなくなる。
この時ばかりはカチ盛りを趣味にしている者も平積みでブン回した方がいいぞ。
スーパービンゴの4桁ATや信長の野望の武田30連引いてカチ盛りしていたら、閉店までに取りきることができなくなってしまう。めったに味わうことのできない爆連をカチ盛りしたがために「お客さん、閉店ですので終了とさせていただきます」なんて店員に言われたらショックから立ち直れんのう。
当然、翌日朝一で前日打ってた台をとってもリセットされておる。

まあ、カチ盛り自体は個人の自由なので好きにすればいい。
ちなみにわしはカチ盛りがへたじゃ。たまに慣れんことをするとメダルを床にぶちまけてしまったりする。
なので、他の客の迷惑も考えカチ盛りはせんようにしておる。

以上、本日の講義はここまで。
諸君!ホールでの健闘を祈る。

2004/12/19

パチスロHOME BACK

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー