35時間目:万枚出る台はいい台か?

諸君!おはよう。
本日も出席してくれてありがとう。

スロッターなら一度は経験したいことがある。
そう、万枚超えじゃ。
すでに経験した者もおるじゃろうが、そうそう経験することはできん。
わしもなんとか経験したことはあるが、なかなか万枚越えることはないのう。

他人が万枚出しておると、「きっとあの台は設定6に違いない」と思ったりするもんじゃ。
しかし、果たして万枚越え=高設定と言えるんじゃろうか?

4号機全盛の頃は、設定が高いほど万枚越えの可能性は確かに高かったといえる。
しかし、4.5号機以降は万枚越え=高設定とはならんようになった。

ちなみに4.5号機とは、4号機の出玉規制のかかったもので、ゲーム性は4号機と同じじゃ。

万枚越え=高設定とならんのは、プレミア大当たりの存在が原因の一つとも言える。
通常、設定6であっても万枚超えるほどボーナスを引くことはほとんど不可能じゃ。

しかし、プレミア大当たりを引くとメダルが一気に増加する。
山佐の機種ならビッグバンモードへの突入、アラジンAならSAC1000以上、信長の野望なら戦国ゾーンからのリプレイ5連での野望1000といったところがプレミア大当たりじゃな。

このプレミア大当たりを引くと一気に数千枚いや数万枚出ることもある。

そして、プレミア大当たりのほとんどが設定差がない、もしくは低設定ほど引きやすいといった仕組みとなっておるんじゃよ。

そうすると、「万枚越え=プレミア大当たりを引いた=設定が高いか低いかよくわからん」となるわけじゃ。

このように考えると万枚越えした台は、高設定であるとは言えん。
出玉だけを見て、「きっと高設定だったはずなので明日は据え置き狙いで行ってみるか」などと考えると痛い目を見るかも知れんぞ。

ホールとしては「低設定が爆発したので当分は低設定のまま据え置くか」となるかも知れん。

結局、万枚出た台は高設定なのか低設定なのか区別がつきにくい。
なので、万枚出た台には近づかん方が無難といえる。

見た目の出玉だけで、高設定なのか低設定なのか判断してはならん。
それよりも、その機種の設定差がどこにあるのか理解する方が設定の推測はしやすいぞ。

以上じゃ。
諸君!あまり、万枚越えに目を奪われんようにな。

では次回の講義で会おう。

2005/1/11

パチスロHOME BACK

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー