50時間目:設定変更を見抜く

諸君!おはよう。
ついにわしの講義も50回目を数えるに至った。
これも諸君が毎回わしの講義に出席してくれてるおかげじゃ。
ただ、わしの講義もこの50回目で一応の終了となる。
しかし、これで終わりというわけではなく、今後は諸君にとって有用と思われる情報を入手した時に、補講という形で講義を行っていく。

では、本日の講義に入るぞ。
本日の講義は、いかにして設定変更を見抜くかについて解説していくぞ。

設定が変更されたかどうかを見抜くのは非常に重要じゃ。
しかし、設定変更を見抜くのはホールのクセを熟知していても難しい。

そこで、今回は諸君が設定変更を見抜くのに参考となる方法をいくつか紹介していく。

まず、小役カウンタが搭載されている機種についての設定変更判別についてじゃ。
機種別情報に記載されている○枚手持ちの手順を行って変更判別する方法はスロッターにとっては常識となっておる。
また、ホールが開店前に1プレイ回していたりすると正確な変更判別が困難となる。
そこで、変更判別をしやすくするために前日の閉店間際に翌日の狙い台に座り2、3千円ほど投資する。
この時、わざと小役を取りこぼすように打つのがポイントじゃ。
そうすれば、小役高確率状態で閉店するので、翌日設定変更していなければ朝一で小役が落ちまくる。
この方法はかなり効果的じゃぞ。一度試してみるといい。

次に説明する方法は、全ての機種で通用する方法じゃ。
諸君は設定変更の仕方を知っているかな?

設定変更をするためには、台のフタを開けて、所定の箇所に設定キーをさし、選択した設定を確定させるためにレバーを叩く必要がある。

ここで、注目するのは、「台のフタを開ける」と「レバーを叩く」というところじゃ。
この動作を利用して設定変更されたかどうかを推測するんじゃ。

例えば、閉店前に台のフタの間にタバコのセロハンなどを挟んでおき、翌日そのセロハンが落ちてなければ据え置き濃厚となる。

他にもレバーにホコリや糸くずを付けておく方法もある。設定変更の際にはレバーを叩く必要があるので、翌日までそのホコリや糸くずが残っておれば据え置き濃厚じゃ。

あとは、メダルを3枚入れた状態で帰宅し翌日3枚がけの状態で放置されていれば、据え置き濃厚じゃな。

その他にも考えればいろいろな方法があるはずじゃ。

しかし、これらの方法は万全ではない。
閉店後毎日台のフタを開けて中をチェックしているホールではセロハン作戦は通用せんし、丹念に台の汚れを拭き取っているホールではホコリ作戦も通用せん。
これらのことから必ずしも有効ではないが、一度は試してみるといい。
ひょっとしたら、閉店後のチェックの甘いホールが見つかるかもしれんぞ。

以上で本日の講義は終了じゃ。

諸君!50回の講義ご苦労であった。
これで、諸君もスロッターとして恥ずかしくない知識を身につけたはずじゃ。
諸君が、わしの講義を参考にホールで立ち回ってくれることが一番のわしの幸せじゃ。

では、次回は補講で会おう。
さらばじゃ〜。

2005/1/27

パチスロHOME BACK

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー