6時間目:設定

諸君!元気かな?
わしは元気じゃ。ぴんぴんしとるよ。

ではさっそく講義に入る。
今回の講義は設定についてじゃ。
スロットをする者なら既に設定くらいはしっておるじゃろうが、最後まで講義に参加するんじゃぞ。

スロットには、店側が儲かるようにするか客側が儲かるようにするかを決める設定という機能がついておる。
この設定は6段階あり、設定1が一番客にとって不利な設定であり、設定6が客側にとって一番有利な設定となっておる。

では各設定は一体どう異なっておるか?
それはBIGやREG確率であったり、小役確率であったりするわけじゃな。
例えば設定6の場合BIGは1/240の確率、設定1なら1/300の確率というように変化をつけているわけじゃ。
ホールは、この設定を変えることによって毎日出る台と回収する台を変えていくわけじゃ。当然前日と同じ設定のままということもある。こういうのを「設定据え置き」というわけじゃ。

スロットで勝つためには、この設定が見抜けるかどうかにかかっておるといっても過言ではない。各機種別の設定の特徴については、機種別情報を参考にしてほしい。

次に客側の収支がプラス領域に入る設定についてじゃが、これは機種によって若干異なるが、等価交換の場合は設定3じゃな。
常に設定3以上の台を打ち続ければ、理論上収支はプラスになるはずじゃが、試行回数が少なすぎると必ずしもプラスにならんから注意が必要じゃ。
長い目でみるとプラスになるということじゃよ。

以上で本日の講義は終了じゃが、設定についてはこれからも講義をしていく予定じゃ。

では諸君!次回の講義で会おう。

2004/12/09

パチスロHOME BACK

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー